HOME 診療内容 院長プロフィール 院内紹介 交通アクセス
 
〒300-1234 茨城県牛久市中央1-21-3 TEL:029-846-2000 FAX:029-830-8800
HOME 診療内容 院長プロフィール 院内紹介 Q&Aコーナー
Q&Aコーナー
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞を中心に毎週土曜日に折込まれている“常陽リビング”に当院院長によるQ&Aコーナーが掲載されています。
バックナンバー
常陽リビングなど
下肢静脈瘤 仮面高血圧
高血圧の薬物治療 冬になると指が白く変色する
気管支喘息と不整脈 高血圧の減塩療法
心房細動 歩行時のふくらはぎの痛み
ワーファリンについて 頻度の少ない動悸
〜下肢静脈瘤〜
48歳の女性です。出産後から左足のふくらはぎに青い血管が何本も浮き出るようになりました。現在パートで6時間ほど立ち仕事をしていますが、最近夕方になるとむくみが出てだるくなります。知人から静脈瘤ではないかといわれています。治療法を教えてください。
 下肢静脈瘤は文字通り “静脈のこぶ”ですが、その成因には太い深部の血管が閉塞し血液還流が悪くなったために生じた二次的静脈瘤と、静脈の逆流を防ぐ“静脈弁”の傷害からうっ血をきたした一時的静脈瘤の二つがあります。下肢静脈瘤の症状はだるさや痛み、むくみ、かゆみ、こむらかえりなどで、上記の成因によって治療法も異なります。下肢静脈瘤は後者が主体なので後者の治療法をご説明します。
 主に治療法は(1)弾性ストッキングの着用(2)硬化(注射)療法(3)手術の3種類です。(1)は起床時に着用し下肢を圧迫することで静脈の拡張を防止する方法で、症状はかなり軽減されますが根本治療ではないために静脈瘤自身は徐々に悪化する可能性もあります。(2)は静脈瘤に血液硬化剤を注射し静脈瘤を固まらせる方法です。外来で処置が可能なため、美容上の観点からご希望される方も少なくありません。ただ太い静脈では再発もあり十分検討する必要があります。手術は基本的には静脈瘤をおこした太い血管を抜去する方法で数日間の入院治療が必要となります。治療方法は静脈瘤の程度や障害血管の種類などで異なります。また静脈瘤は長時間の立ち仕事や運動で悪化しますので、生活指導を含めた総合的な治療が大切となります。是非一度、専門医にご相談下さい。
ページTOPへ▲
〜仮面高血圧〜
58歳の会社員です。毎年の健診で高血圧を指摘されたことはありませんでしたが、たまたま寝る前に家の血圧計で測ってみると170/80mmHgと血圧が高いのに驚かされました。特に自覚症状はないのですが高血圧の治療が必要でしょうか。
 家庭用血圧計の普及に伴い、手軽に家や職場などで血圧が測れるようになりました。ご指摘のように病院以外での血圧が高い場合、[仮面高血圧]の可能性があります。仮面高血圧とは新しい高血圧の概念で、病院の外来血圧が正常であっても日常での血圧が高い状態をいいます。仮面高血圧は自覚症状に乏しいことが多く、家庭などで血圧を測らなければ気付かれません。すでに高血圧治療を受けている方で病院受診時には正常であっても、朝夕に血圧が高くなる方はこの仮面高血圧の範疇に入ります。
 最近の研究では仮面高血圧は脳梗塞や心筋梗塞などの危険性が正常の方の4倍近くに上り、また1日中血圧の高い持続性高血圧の方よりも約2倍近い危険があるといわれています。したがってこれらを予防するためには1日の血圧変動をいかに小さくするかが重要です。まずご自身の血圧を正確に把握して下さい。血圧は一般的には“日の出”、“日の入”に高くなる傾向があり、必ず朝食前、夕食前の血圧を記録して頂きたいと思います。そしてその血圧記録をもとに、さまざまな作用機序の降圧剤を適切に選択し、個々の患者さんに合った内服方法を検討する必要があります。血圧の変動でお悩みの方は、是非、循環器専門医にご相談下さい。
ページTOPへ▲
〜高血圧の薬物治療〜
68歳の女性です。5年前から3種類のお薬で高血圧の治療を受けています。高血圧は1種類だけのお薬で治療することはできないのでしょうか。
 高血圧の治療は食生活などの生活習慣の改善はもちろん、多くの場合で薬物治療が必要となります。
現在、日常診療で用いられる高血圧治療薬には(1)利尿剤(体内に蓄積した塩分と水を排出します)(2)β(ベータ)遮断剤(心臓の収縮力を抑えます)(3)カルシウム拮抗薬(血管壁内の平滑筋を弛緩させ血管を拡張します)(4)ACE阻害薬(アンギオテンシンIIという血圧を上昇させるホルモン産生を抑えます)(5)アンギオテンシンII拮抗薬(アンギオテンシンIIの働きを阻害します)(6)α(アルファ)遮断剤(血管壁に作用する交感神経の働きを阻害します)の6種類が用いられます。
 いずれの降圧剤も、服用後何時間で最高の降圧効果を発現するかや効果の持続時間、副作用に違いがあります。
血圧をコントロールするためには、個々の患者さんの糖尿病などの基礎疾患の有無や1日の血圧の上昇するパターンを十分理解したうえで薬物を選択することが重要です。少ないお薬で血圧がコントロールされることが理想ですが、不十分な場合にはそれぞれの薬剤の副作用を可能な限り排除し、薬剤の利点を最大限に考慮した投薬を行う必要があります。
おそらくご担当されているお医者さんはこのような観点から複数のお薬をご処方されているのだと思います。
 ご自分の血圧上昇のパターンを把握し、服用しているお薬の作用について十分ご理解されることは、脳卒中や心臓病予防の上から極めて大切ですので、ご不明な点は御担当医にお伺い下さい。
ページTOPへ▲
〜冬になると指が白く変色する(レイノー症候群)〜
54歳の女性です。40歳頃から冷水に指を浸した時や、冬になると指先が白く変色して痺れ痛むようになりました。どのような病気でしょうか。
 お尋ねの症状はレイノー症候群といい、手指や足趾の動脈が寒冷刺激や精神的緊張などから一過性に収縮し血液が流れにくくなった状態と思われます。レイノー症候群の患者さんの7割は女性の方で、20歳代から同様の症状を訴える方もおられます。原因が不明のものはレイノー病(一次性レイノー症候群)といい区別されますが、病院を受診される方の大半は何らかの全身病に合併した二次性レイノー症候群であり、原因疾患の同定、治療が大切です。その原因となるのは各種膠原病、重度の動脈硬化、バージャー病、糖尿病、多血症などの血液疾患のほか、慢性振動刺激(電動工具の長期使用)、慢性反復性外傷(タイプライターやキーボードの過剰使用)などでも発症します。
 診断には指の動脈の血圧波形を調べ(指尖脈波)、必要に応じてMRIを行いますが、最近は指尖脈波をより細かく分析した加速度脈波によって、一時的な血管の緊張による機能的な血流低下なのか、動脈硬化などの器質的な血流低下なのかの判定ができるようになりました。
 治療は原因疾患の治療はもちろん、症状によっては血管拡張剤、抗凝固剤などの内服薬を服用していただきます。症状は冬に限られていたとしても、温暖な季節から予防的に服用し始める場合も少なくありません。また患肢の保温やマッサージ、運動療法、精神的安定、禁煙といった生活指導もきわめて重要です。特に糖尿病や大量喫煙の方などは重症化しやすく、中には指先の壊死をきたし切断に至った方もいらっしゃいます。たかが指先と思わずに、心臓血管外科医や循環器専門医にぜひご相談下さい。
ページTOPへ▲
〜気管支喘息と不整脈〜
53歳の男性です。気管支喘息で吸入薬と飲み薬で治療しています。最近、時々脈が速くなったり脈が抜けたりします。薬の副作用ではないかと心配していますが、そのようなことはありますか。
 近年気管支喘息の研究も進み、気管支の炎症が病気の本質と考えられるようになって、その治療法も変わってきました。気管支喘息の治療薬には、その作用機序の違いにより、直接気管支を広げる薬やアレルギーをおさえる抗ヒスタミン薬、去痰剤、ステロイドホルモン剤などがあります。かつては気管支拡張剤の内服が一般的でしたが、最近では吸入ステロイド剤が主流となりました。
 このうち気管支拡張剤などは心臓を直接刺激する作用も少なくなく、使用後不整脈を自覚するようになったり、喘息治療薬の組み合わせによってはその頻度が増えたりする場合もあります。
またその一方で、気管支喘息が十分コントロールされず、肺が過膨張の状態(肺気腫)が持続していると、心臓に負荷がかかり不整脈を惹起することもあります。
 したがって不整脈を自覚されている気管支喘息の方では、その不整脈が薬の副作用か、気管支喘息の病状に起因するものなのか、あるいは不整脈が単独で起こっているものなのかを総合的に判断する必要があります。そのためには24時間心電図(ホルター心電図)を必ず施行し、どのような時間帯に(薬の使用と関係しているか否か)、どのような不整脈が、どのくらいの頻度で起こっているかを調べると共に、心臓超音波検査で心臓に負荷所見があるかどうか、呼吸機能はどうかなどを調べて頂く必要があります。御担当医の先生には少なくとも以上の点についてご相談され、現在の喘息治療薬の内容や抗不整脈剤の必要性について検討して頂いてください。
ページTOPへ▲